手術に保険は使える?ワキガの手術でも可能?

ワキガはクリニックでの外科手術で改善することができます。ただ、外科手術は健康保険が適用されるものと、適用されないものがあるので、その点は注意が必要です。

健康保険が適用されるのは「剪除法(せんじょほう)」という外科手術です。剪除法はワキの下を数センチほど切開し、裏返して医師が直接ワキガの原因となるアポクリン腺を切除します。この外科手術であれば両ワキの施術を行った場合、平均的な相場は約4万円から7万円ほどです。剪除法はアポクリン腺自体を取り除く外科手術ということもあり、技術の高い医師が施術を行った場合、かなり体臭を軽減することができます。

ただし、剪除法はワキの下を切開するため、安静にしなければいけない期間が長くなる傾向にあるようです。少しでも傷跡を小さくしたい、ダウンタイム(外科手術してから回復するまでの期間)の短い外科手術を選びたいという人もいるかもしれません。美容外科クリニックなどでは、傷跡が残りずらいレーザーサクション法や超音波法、皮下組織吸引法という外科手術が行われています。これらの外科手術は健康保険が適用されないため、15万円から30万円と高額な費用となります。ワキガを改善する外科手術は数多くあるので、施術内容やダウンタイム、そして費用を比較して自分に合う方法を選びましょう。

ワキガが気になる方へ。おすすめ予防法!

ワキガのおすすめ予防法の大原則は、わきの汗や雑菌を除去し、可能なかぎり清潔な状態を保つことです。

ワキガの原因は、アポクリン腺という汗腺から出るベタベタした汗が原因です。このアポクリン腺から出た汗に含まれている皮脂を細菌が分解することで、あの嫌な臭いが発生すると考えられています。ですので、とにかくこの汗と細菌をしっかり除去することに越したことはありません。ちなみに、人間にはアポクリン腺の他にエクリン腺という汗腺もあり、こちらはサラサラとした汗を出すのが特徴で、こちらの方はあまり強烈な臭いを発することはありません。アポクリン腺はわきや陰部などの特定の部位にしかありませんが、エクリン腺は全身にあります。

では、具体的にどんな対策をしていけばいいのでしょうか?

まずはシャワーをこまめに浴びて汗と雑菌を洗い流すことが大切です。とくにわきの部分は石鹸やボディソープなどをつけてしっかりと洗うようにしましょう。このようにしていれば、臭いはそんなに気にならないはずです。しかし、自宅ならいざ知らず、外に出ている時は、そうそうシャワーを浴びることはできません。そんな時は、アルコールを染み込ませてあるウェットティッシュを使ってわきを拭いてあげるのが効果的です。ただし、肌が弱い人だと肌荒れの原因になることがあるので、そのような場合は使用する回数を考える必要があります。また、アルコールで拭くのが効果的だからといって、短時間に何度も何度も拭くのもやめましょう。そんなに何回も拭かなくても大丈夫です。というのも1回アルコールで拭けば、数時間は効果が続くとされていますから、気になった時にサッとひと拭きしておくだけで問題ありません。

ワキガにおいては着る服の素材にも気をつけたいところです。なるべく天然素材でできているもの、例えば綿や絹などでできている服を選んだ方が、臭いが発生しにくいです。

また、生活習慣を考える上で脂っこい食事を控えることもワキガ予防に効果があるとされています。脂っこい食事をたくさんとってしまうと、汗が臭くなりやすいとされているので、なるべく脂の少ない食事を心掛けましょう。

睡眠もしっかりとるべきです。睡眠が不足していても汗は臭くなりやすいとされています。

まずは上記のようなことを実践すれば、軽度のワキガならかなり抑えられるでしょう。これで全く改善しないという場合は、お医者さんに相談して塗り薬を処方してもらったり、場合によっては手術でアポクリン腺を除去するなどの対策が必要かもしれません。

ワキガ施術の失敗例は?リスクと効果は?

ワキガの施術の安全性は高いものとされていますが、リスクがあるのもまた事実です。

施術の方法によってもリスクは変わってきますが、絶対に成功するという保証はありませんから、失敗の可能性があることは覚えて置かなければなりません。

失敗例は様々ですが、施術後に炎症を起こし膿んでしまうというものがあります。メスをいれるものだと傷口が炎症を起こしてしまうケースがありますので、失敗時のリスクのことも覚えておきましょう。

傷跡が残ってしまったというのも施術のリスクの一つであり、程度の差はあれど傷跡が残ることになります。目立たずに気にならない程度であればよいのですが、はっきり目立つ傷が残ってしまったという失敗例もありますから、傷跡が残るかも知れないということも覚えておく必要があります。

施術を受けたことによるトラブルはなくても、ワキガ解消の効果がいまいち無かったというのも、失敗例の一つとしてあげることができます。全く効果がないというケースはそれほど多くないにしても、確実に完全に臭いが消え去るというものでもありませんから、思っていた効果が得られなかったという例もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です