ワキガは親子でうつる??その原因とは?

アポクリン汗腺がワキガを発生する大きな要因になっており、汗腺の活動・大きさ・量が多いことが遺伝として子どもに引き継がれることがあります。根拠になるのが、アポクリン汗腺が優性遺伝であることです。これは遺伝しやすいことを示しており、たとえば片親がワキガである場合は50%ほど、両親がそうであるケースでは80%ほどとなっており、高い確率で遺伝しやすいことがわかるでしょう。根拠は優性遺伝となりますので、こればかりはどうなるのかわかりません。

また両親ともにワキガではないとしても、絶対にならないわけではないです。臭いを発しない人にもアポクリン汗腺はあり、それが皮膚の常在菌と混ざって臭いを放つこともありますので、油断してはいけません。ただし酷い臭いになることは少なく、ほとんどが市販のクリームなどで対処することができます。

年齢としては第二次性徴期になるくらいに臭いを発することが多いです。また目安は、ワキのシャツが黄ばんでいること、耳垢が湿っていることも判断基準になっています。このような傾向が見られた場合は、遺伝した可能性、またはワキガになる可能性がありますので、お子さんのワキと耳に目を配らせておくことをお勧めします。

食べるもので予防可能?ワキガ予防になる食物とは?

ワキガは体臭にかなり影響を及ぼし、相手にとても不快感を与えてしまいます。現在、その状態になっていないとしてもワキガには注意する必要があります。

そのワキガを予防するには、生活習慣を乱さないことが重要だとよく言われていますが、その中でも、食生活はワキガ予防にとってかなり重要になります。いくら生活習慣が整っていたとしても、普段食べる物が肉類などの油を使ったものでは逆効果となり、ワキガは予防できません。

何を食べると効果的であるかというと、梅干しやめかぶなどのアルカリ性が含まれている食物です。

これらは臭いを抑える効果があると言われており、合わせて肉類などの油物を食べることやお酒を飲んだとしても、アルカリ性はこれらを体内で中和してくれるので、予防にはかなり効果的です。

ただし、これらの食物だけを食べていると、栄養失調を起こしてしまうことや体力が衰えやすくなってしまう可能性があり、病気になるリスクもあるので、これらの食物に限らず、他の食物と合わせて食べることが大事です。

ワキガは歳を重ねるごとになりやすくなってくるものと思いきや、実は若い人でもなることがあります。なので、若いからと油断せずに、先ずは食生活を乱さないことが大切です。

子供から出るワキガ臭はどうする?対策はできるのか?

ワキガは大人だけのものではありません。同じ生活環境で暮らしている以上、一人のワキガは家族全員のピンチです。

子供と接する機会の多いお父さんお母さん、保育士さんを含め先ず清潔第一を心掛けていれば、大人を含めてご家族内にワキガが蔓延(まんえん)する事はありません。

例え、ワキガさんが家族にいても汗をかいたら涼感シートなどでこまめに汗を拭く、これだけでワキガが治ってしまう人も多いです。

これからの季節、汗をかかない日はありません。毎日汗をかく以上、毎日のケアがとても大切です。子供たちに被害が及ぶ前にご自分のケア、パートナーのケア。無邪気に汗をかく子供達は、汗をかいても臭くないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です