ワキガの臭いの特性とは?

私たちのわきには汗腺がふたつあり、そのなかでもアポクリン汗腺がワキガの原因になります。もう一方のエクリン汗腺のほうはほとんどが臭いを発生しないタイプであり、アポクリン汗腺が問題であるといえます。臭いが発生する特性としては、アポクリン汗腺から出た汗が皮膚にある常在菌と混ざり合って悪臭を放つことになります。つまりアポクリン汗腺だけでは、そこまで臭うことはなく、皮膚の常在菌が原因となっているということです。

その特性から、ほとんどのワキガ対策の製品は、皮膚の常在菌を殺菌するタイプが多いです。それと同時に汗の発生を抑えるための制汗剤が含まれています。このふたつの作用でワキガを防止していますが、あくまでも原因は皮膚の常在菌になることから、製品を購入する時は殺菌力が強いことを重要視すると良いでしょう。

アポクリン汗腺が要因の一つになっていることから、外科手術によって除去することもできます。また肉類を食べることによって、アポクリン汗腺が活性化することがわかっていますので、そのような食品を抑えることも、ワキガを持っている方にとっては対策になるといえます。汗腺への対策と食生活の改善に取り組むことで、ワキガを予防することも可能でしょう。

日本人の腋臭症の性質とその要因とは?

腋臭症の臭いというのは人種によって違うもので、日本人の場合はミルクのような臭いがする人が多く、次に多いのが酸っぱい臭いやスパイスのような臭いがするのが日本人のワキガの性質です。20代から30代が特にワキガの悪化しやすい年齢層で、10代のころは何も気にならなかったのに突然に腋から異臭が発生するようになり、コンプレックスを抱える事になった人も珍しくありません。肥満や汗っかきなどの体質は腋臭症を悪化させるものではなく、汗に含まれる成分の違いが大きいです。

皮脂腺から分泌された皮脂が、細菌に分解されて酸化する事がワキガの要因の一つで、ワキ毛が長いと毛を伝って臭いが周囲に発散しやすくなります。日本人はスーツなどのワキが蒸れやすい服装のまま働き続ける事が多く、ワキで菌類が大量発生しやすい環境を放置しているせいで、ワキから異臭が発生する事になった例も多いです。

肉類やファーストフードばかりを食べる生活習慣を続ける日本人が増えているのも、腋臭症が悪化している人が増える要因となっており、食生活を変える事で臭いが改善する可能性もあります。酢やスパイスのような異臭がワキから発生した際には、悪化する前に対処する事をおすすめします。

肉類やファーストフードばかりを食べる生活習慣を続ける日本人が増えているのも、ワキガが悪化している人が増える要因となっており、食生活を変える事で臭いが改善する可能性もあります。酢やスパイスのような異臭がワキから発生した際には、悪化する前に対処する事をおすすめします。

ワキガは完治する?その対処法とは?

暑くなってきたり、緊張すると人は汗をかきますが、その汗は放置しておくと臭いにも変わってしまいます。

日本人はあまりワキガの人は少ないと言われていますが、臭いがきつい場合は周りの人にも影響があるために悩みにもなってしまいます。ワキガは汗腺が多くあるところで発生するものであり、人の汗腺はわきの下に多くあります。その汗がとてもきつい臭いがする、わきの下が黄ばんでくるというような場合はワキガの可能性はとても高いと言えます。

汗腺から出てくる汗には大きく二種類あってエクリン腺とアポクリン腺というものです。エクリン腺というのはサラサラとした汗で、この汗はあまり臭いはしません。問題なのはアポクリン腺から出てくるベタッとした汗です。この汗はとても栄養成分が多く含まれていて、これが乾いてくると臭いに変わってくるのです。

ワキガを完治させる対処法はとても難しいのですが、専門のクリニックなどでまずは相談をしてみる事が大切です。日頃のケアでワキガの臭いをマシにする事が出来るようになりますし、治療を行う事ができるからです。クリニックで相談してケアを行なってみてその経過から、完治をさせるために治療を行うなどを検討してみてはいかがでしょうか?

ワキガかどうかの判断基準とは?私はワキガに該当するのだろうか?

人は運動をしたり緊張をすると汗をかいてしまいます。汗は汗腺から出てくるものなので汗腺が多くあるところから出てきます。とくに多い部分としてはわきの下があります。汗をかいてしまうのは自然な事なのですが困る事としてはそれが臭いになってしまうという事です。

その臭いですがワキガである可能性もあります。誰でも汗をかいてしまうと臭いに変わってしまいますが、ワキガというのはそれが特にきつい臭いになってしまいます。基本的に日本人でワキガになるという人はそれほど多くはないのですが、実際に自分がワキガかどうかどうか知りたくありませんか?

それらを調べる方法があります。汗腺には二種類あって栄養分の多い汗を出す汗腺はそれが乾燥すると臭いに変わってしまうのが原因なのです。ワキガ体質であるかどうか調べるなら、多く汗をかいているというような場合やわきの汗が黄ばんでいるといったこと、わき毛が多いという人や両親にワキガの人がいるといったような場合です。そのような場合はとても可能性が高いということになりますが、一番確実な方法は検査を行うという事です。検査は比較的簡単ですぐにわかるという事と、その対処法など直接お医者さんから教えてもらう事が出来ます。

ワキガのパターンとその判断要素とは?

自分では、本当にワキガなのかを判断するのは難しいものです。ただの汗臭なのに、過剰に不安になる人もいます。では、どのように判断すれば良いのでしょうか?

判断要素としては、シャツなどのわきの部分が黄ばむことや耳垢が湿っていることなどがあげられます。また、家族などにワキガの人がいる場合、ワキガになる確率が上がります。片親がワキガの場合50%から100%の人に、両親がワキガの場合80%から100%の人に遺伝するといわれています。これは、ワキガの原因となる汗腺のアポクリン腺の数が原因で、アポクリン腺の数が多いほどワキガになりやすく、その体質を受け継いでしまうのです。

ニオイのパターンには、酸っぱいニオイや玉ねぎのようなニオイ、鉛筆の芯のようなニオイや発酵臭など様々なニオイのパターンがあります。これは、常在菌と皮脂とアポクリン腺から出る汗により、人によって様々なニオイになるからです。

不安になっている人は自分の汗のニオイが強いニオイに感じられ、自分が人より臭うのではないかと思ってしまうことも少なくなく、判別はなかなか難しいといえます。

いつわかる?ワキガの人の自分の症状に気づくのは?

ワキガは、人に言われて初めて気が付くことが多いのです。しかし人に言われると、どうしてもっと早くわかることができなかったのだろうと、落ち込んでしまいます。自覚症状が乏しいので、自分自身では分かりにくい面もありますが、次のような兆候が見られます。

わき汗がベタベタしていて粘りがあったり、衣服のわきの下が黄色く変色していることがある、耳垢が湿っている、親や兄弟姉妹にワキガの人がいる、という場合はワキガになるリスクが高いです。

また、肉食が多い人やほぼ毎日飲酒している人、タバコを吸う人もワキガになるリスクがアップします。

肉食ばかりで脂肪分の多い食事ばかり摂っている人は、脂が酸化して臭いの原因となりやすいのです。日本人よりも欧米人の方が体臭がキツイと言われますが、これは、欧米人の方が日本人よりも脂肪の摂取量が多いからだと、考えられています。

お酒が好きで、よくアルコールを飲む人も要注意です。体は、アルコールや毒性の強い物から先に代謝を行います。アルコールを先に優先的に代謝させて、その後にそれ以外の栄養素の代謝を行います。そのため、アルコールをたくさん飲む人は、十分に代謝されずに酸化した脂肪などが身体に滞りやすくなるのです。ちょうど特急列車を先に通過させて、各駅停車の普通列車はプラットホームで特急の通過待ちをしているのと同様です。

そのため、肉をたっぷりと食べながらお酒を飲んだ翌日などは、悪臭を放つリスクが高くなります。

どんな臭いなのかは様々で、一人一人違います。カレーの香辛料に使われているクミンの様な臭いだったり、タマネギやネギに例えられたり、鉛筆の芯のような感じ、生ごみや雑巾のような臭い、などと表現されることが多いです。不快感は、生ごみの臭いが一番周りに嫌な思いをさせてしまいます。

人によって臭いが違うのは、アポクリン腺から出る汗の中の成分と、わきに潜んでいる常在菌の種類が一人一人違うからです。また、生活習慣や食べた物でも臭いは変わってきます。

肉食が多い人やアルコールが好きな人は、シャツなどのわきの部分の臭いを嗅いでみれば、自分でもわかることがあります。

また、衣服のわきの下が黄色くなるなどは、自分自身でも脱衣するときに気が付くので、自覚しやすいサインです。このようなサインがあり、親や兄弟姉妹もワキガだという場合は、早めに医師に相談されることをおすすめします。

一人で悩んでいると、それがストレスになって、ますます嫌な臭いの原因となることもあります。早めに専門に相談しましょう。